1. HOME
  2. 感想
  3. 音声系リスト
  4. 「アンジェリーク」シリーズ

「アンジェリーク」シリーズ

(株)光栄が発売した女王候補育成シュミレーションゲーム。
乙女ゲームという一大ジャンルを築き上げた走りの作品で、プレイヤーは主人公・アンジェリークを操作して、女王になるべく邁進するもよし、ライバルヒロインと友情を築くもよし、9人もいる守護聖と恋愛するもよし……という手広さ。
ゲームから出発し、CDドラマ、歌、語り、ラジオ番組など、様々に展開しています。
「外伝」は4枚シリーズのCDドラマ。
「WHITE DREAM」などの、歌・語り・ドラマ・出演者生トークを収録した盛りだくさんのCDも。

ちなみに残り8人の守護聖は…

光の守護聖・ジュリアス(速水奨)、地の守護聖・ルヴァ(関俊彦)、炎の守護聖・オスカー(堀内賢雄)、夢の守護聖・オリヴィエ(子安武人)、水の守護聖・リュミエール(飛田展男)、風の守護聖・ランディ(林延年)、鋼の守護聖・ゼフェル(岩田光央)、緑の守護聖・マルセル(結城比呂)

となっています(敬称略)。
そのほか、「外伝2」及び「Hello Again!」には前任の緑の守護聖・カティス(池田秀一)も登場。どのキャラも個性豊かで楽しいシリーズです。

目次

キャラクターの説明

役名説明
クラヴィス 黒色長髪。安らぎをもたらす闇の守護聖。虚無的で他人に心を開かない。
幼い頃に母と引き離され聖地に召された。感受性が強い。
漂う者 白い霧の世界の住人。外見はクラヴィスだが快活で行動的。(「さよなら、迷宮」)
クラヴィスーパー ランディの妄想に登場。クラヴィスとそう変わらない。強いて言うならちょっとズレてる。(「緋の輪郭」)
カイン 皇帝レヴィアスの一の部下。参謀格。知的で落ち着いた物腰。敵。外見はクラヴィス。(「禁域の鏡」)

「アンジェリーク」シリーズ

ドラマ中心

ラジオドラマ

1~3まで。大きな流れは繋がっているものの、ドラマ自体は独立しているため、単発で聴いても問題なし。※2にはクラヴィスは登場しません。

タイトル役名感想ほか
アンジェリーク Radioドラマ
さよなら、迷宮<ラビリンス>
漂う者
クラヴィス
クラヴィス主役回! 漂う者は明るいクラヴィス。 どれほど時が経とうと仲が険悪になろうと、クラヴィスにとってジュリアスはいつまでも手を引いてくれる存在なんですね。導く者といい、光の館の前での会話といい、二人を隅々まで堪能しました。あのBGMは、絶対切ない系純愛のテーマ(笑) 塩沢さんファンのあなたにオススメ。
アンジェリーク Radioドラマ 3
聖地円舞曲
クラヴィス クラヴィスはオリヴィエと仲良しっぽいのが嬉しかったな。ジュリアスを笑うところ、イキイキしていますね。 台詞はわりとありました。
単発ドラマ

ヒロイン登場(アンジェリークらヒロインが登場するのは単発ドラマおよび再録集のみ)。

タイトル感想ほか
アンジェリーク
あなたの瞳に夢天使<スウィート・エンジェル>
アンジェリークがジュリアスを怖がる話で、クラヴィスの年長者っぽい一面が聴けて◎。他よりちょっと声が優しめで聞きやすく、心なしか性格も丸いような気がします。 流星を見ながらリュミエールと話したり、アンジェリークを導いたり。 喉笑いも聴けます。
アンジェリーク
惑わせないで聖少女<イノセント・ガール>
第一部大団円END。ロザリアがつらい役回りですが、三石さんがお上手なので安心して聴けました。
クラヴィスは大きなアクションは起こさないのにすごく格好いいんですよね。前向き。素敵。惚れ直した。 他のキャラもよくて面白かったです。
アンジェリーク デュエット
飛空都市物語<ストーリー>
女の子組可愛すぎか!!!のアンジェ&ロザリア仲良しドラマ。
クラヴィスは普段通り、性格は虚無的…ながら声はやさしめで、珍しく、声をあげて笑います(!)(♡)ストーリーもほのぼの。ロザリアがすごく可愛いです^^* クラヴィスとロザリアもいいなあ~。
(独り言)ふと思ったけど、アンジェたちがいるとコーエーチェック (塩沢さん曰く「明るくなりたくてもやらせてくれないという現実がありまして…」「ちょっとでも感情を出すとすぐチェックが入って…」)緩みません? 女の子がいると全体の雰囲気が明るくなるし、聴き手も癒されるし、もっとガンガン出してくれたら良かったのにな~。
アンジェリーク Special2
第2話・夢みる二つの太陽<ミラクル・ハート>
エエッ。アンジェリークが代替わりしている。守護聖の出演が闇・夢・風の3人だけ。まだクラヴィスがいることを喜ぶべきでしょうか……。でも取り付く島がなくて台詞は少ない(´;ω;`)
(追記)ゲーム版のアンジェリークも代替わりしていくそうです(知らなかった^^;)。これがドラマCDで唯一コレットと塩沢さんのクラヴィスが会話する巻なんですよね。そう考えると貴重です。
再録集

過去に発売されたCDからシーン抜粋し、新録ナレーションで繋いだCD。

タイトル役名感想ほか
アンジェリーク
Hello Again!
クラヴィス
※再録のみ
ドラマ名場面集+カティスの新録ナレーション。クラヴィスのパートは「無限音階3」「夢天使」「聖少女」から抜粋。
ドラマは再録だけなので、CD持ってれば必要ないのだけれど、カティスのナレがつくと聞いていそいそ購入しました(笑)思った以上に池田さんが喋りっぱなしで嬉しいです。カティスの「はっはっは」笑い、イイですね~。
アンジェリーク Fantasia
ドラマ・セレクション
クラヴィス
漂う者
カイン
※再録のみ
ドラマ名場面集第2弾。クラヴィスのパートは「緋の輪郭3」「さよなら迷宮」「聖地円舞曲」「KISS・KISS・KISS」「WHITE DREAM」「禁域の鏡3」から抜粋。歌「心の氷河を越えて」も少し。

外伝ドラマ

4枚シリーズ。ヒロイン不在、守護聖+αのみのストーリードラマ。

アンジェリーク 外伝 無限音階

クラヴィスが他のドラマと比べるとしっかりしていて、心を閉ざしていません。

タイトル感想ほか
Vol.1 -惑星アクアノールと歌う民-
Vol.2 -迷宮都市-
Vol.3 -ヤヌスの罠-
リュミエール主役&オリキャラ出演ドラマ。流血ありのシリアスストーリーです。
私はコミック版と外伝2からこの世界に入ったためか、何となくキャラクターに違和感が…。クラヴィスの二人称は「お前」であってほしかったところ。
Vol.4
-永遠の少年-
この巻はしっくりきました。これこれ、私の中のクラヴィスはこんな感じ。
台詞は大量ではありませんが少なくもなく、ポイントを押さえています。
アンジェリーク 外伝 2 緋の輪郭<シルエット>
タイトル役名感想ほか
Vol.1 -悲しみの器- クラヴィス 喋るのは喋るけれど、まだ引いている感じがするのでVol.2以降に期待。
ジュリアスとの関係が濃く描かれるシリーズなので、私は外伝2が大好きです(笑)クラヴィス単体のファンの方にもオススメです。
Vol.2 -氷れる城- クラヴィス
クラヴィスーパー
クラヴィスは皆とは違うやり方があるんですよね。誤解されたならされたままで、一人で解決方法を探ろうとする姿勢が何とも。今巻、クラヴィスは最後の最後にやってくれます。
(クラヴィスーパーについて)本編がどんどんシリアスになっていく分、唯一のギャグパートであるランディの妄想に救われます。
Vol.3 -太陽の記憶- クラヴィス
クラヴィスーパー
クラヴィスが感情を露わにするシーンがあります。貴重。「構うな!」の台詞が最高です(同意見多数)。クラヴィスの誰にも知られないままの自己犠牲の守り方、それを知ってのジュリアス……この二人は、ほんとにもう!
Vol.4 -飛び立つ鼓動- クラヴィス
クラヴィスーパー
初っ端宴会シーンの筆頭たちがとんでもなくて…。えーと、妙なことを口走りそうなので塩沢さんに絞って(笑)台詞ネタバレ配慮で続きは隠しブロックからどうぞ。
本編は解決編で、筆頭2人は会話多めです。そしてVol.4に限らずクラヴィスの台詞が色っぽい。塩沢さんの演技が神懸かっています。
酔ってる設定のためか、「要らぬ…と(後略)」の声のトーンが大変に無防備です。拗ね気味で、でも甘えた感じもあり、幼子がぐずるようなトーンと言えばいいのか。いつもからは想像もしない可愛げで、さらに色っぽくて、ただ一言で翻弄されました。 速水ボイスと塩沢ボイスの共演がお好きな方はもれなく爆発するかと思います。
アンジェリーク 外伝 3 禁域<サンクチュアリ>の鏡
タイトル役名感想ほか
Vol.1 -迷宮の始まり- クラヴィス
カイン
タイトルコールがクラヴィス。特筆すべきはカインの存在でしょう。皇帝部下の中でも抜きん出ている気がします。ファンには嬉しい一人二役。
Vol.2 -閉ざされた夜- クラヴィス
カイン
クラヴィスは感受性が強い。 ちょっと、クラヴィスが行動的すぎかな? 癖の強い皇帝部下たちをまとめ上げ、皇帝からも信頼されるカインは、いつものクラヴィスや漂う者とはまた違った良さがあります。
Vol.3 -見える敵、見えない敵- クラヴィス クラヴィスが格好良いです。でもゲームを知らない私は、クラヴィスらしさがないと感じてしまいます^^; 夢様がナイス。
Vol.4 -かがやきの行方- クラヴィス
カイン
クラヴィスにカインにと美味しかった外伝3もこれで終わりです。クラヴィスがクラヴィスらしくてほっとしました。カインは頭が良いですね。 最後までレヴィアスはカインばかりでした。

キャラクターソング集

歌メイン

キャラソンと語り。ドラマはあったりなかったり。(→歌の感想はこちら

タイトル感想ほか
アンジェリーク
SOIREE
歌「愛の眠る場所」
語りは闇の守護聖らしく。 ドラマ+歌+語りの構成ですが、クラヴィスはドラマパートは不参加です。
アンジェリーク Sing & Talk
HARMONIA
歌「君は独りじゃない」
ブックレットの手書きコメントが、深い。 語りは対ヒロインで声がかなり優しめ。 ドラマは年少・中堅・年長それぞれで、中堅組が面白すぎます(笑) このCDの筆頭たちはいつもと違って穏やか。良い雰囲気です! ◎つけておこう。
アンジェリーク
LOVE COLLECTION
歌「心の氷河を越えて」
ヴォーカル集。守護聖9人のソロ曲+夜の庭園デートの音声化。出だし3人がお上手すぎてびっくりしました。 語りは対ヒロイン台詞なのであまりおいしくなかったかな。
アンジェリーク
守護聖コレクション4 クラヴィス
歌「心の氷河を越えて」
歌「愛の眠る場所」
シングルCD。歌は他のCDでも聴けるので、これの目当ては語り「眠れぬ夜のために」。落ち着いた語り口が、永い年月を過ごす守護聖という存在を浮き彫りにしています。
2枚組

盛りだくさん。ドラマ語り歌。ブックレットに手書きコメント。オマケのCDにフリートーク&メッセージ集。

タイトル感想ほか
アンジェリーク
WHITE DREAM
歌「永遠の鐘が鳴る」
ドラマは4つ。「闇」を冠するクラヴィスの心情が覗きます。1つ目は出番多め。2つ目は、セイランとやり合った後のリュミエールにかける台詞の言い方が、可愛いんですこれが。 メッセージ集は「元気の」「愛の」。
キャスト生トークは塩沢さんの素の喋りが何より好きなのでかなり楽しみました。「また歌わされてしまった」って。
アンジェリーク
KISS・KISS・KISS
歌「陽は沈み、また昇る ~Sunrise & Sunset~」
クラヴィスが口を開くところ、集音マイクがいい仕事してます。 バレンタインにちなむブックレットの手書きコメントは、塩沢さんが長くて嬉しいです(*^_^*)ウイスキーボンボンの出典はここ。
歌に語りにドラマにと充実したCDで、語りはまことに麗しすぎます…。 メッセージ集は「モーニングコール」「グッドナイトコール」「留守電」。
キャストトークはまたまたすごく可愛いです~。他の方のところで突っ込んでいらっしゃるのも好き。 あと飛田さんのターン爆笑しました。

その他

台詞集など
タイトル感想ほか
アンジェリーク
公園のささやき
(プレミアムBOX付録)
各守護聖からのメッセージ集。 クラヴィスのターンは、塩沢さん!マイク近いよ!と、正直(笑) ささやきです。
※本来はプレミアムBOXを構成する1つですが、中古だとたまに単体で売られていることがあります(ブックレットタイトルが「黄金色の追憶」のため、そちらの名前で出品されていることもあり)。
アンジェリーク 愛の贈りもの
リレードラマ・哀しみのハヤシライス
(非売品)
守護聖9人が一人1トラック(2分程度)で「ハヤシライスを食べたい」アンジェリークのために知恵を絞る話。伝言ゲームのミスでハヤシライスはどんどん別のものになっていきます。全体的にコミカルで、別名・ルヴァ様おいしいとこどりCD。
なんか…かわいいな、このクラヴィス(笑) しょっぱなジュリアスの巻ではアンジェリーク(CV.速水奨)なんつー変化球で耳を疑いました。どうかしている(※褒め言葉)
「守護聖コレクション」全巻購入者応募特典。
ラジオトーク
タイトル感想ほか
アンジェリーク Radioトーク2
炎と夢と、 そして友
堀内賢雄さん・子安武人さん司会の塩沢さんゲスト。子安さんが全面的に塩沢さん贔屓なのがおもしろい。 まだまだご本人を知らない頃に聴いたので、クール美形役の印象が強かった私はご本人とのギャップに度肝を抜かれつつ悶えました。塩沢さんって、こんな可愛い人だったの!?
アンジェリーク Radioトーク
炎と夢の贈りもの
(非売品)
ラジオ本編を聴く前にこっちを聴いたものだからおったまげました。塩沢さ、えっ、パンツがどうしたってッ? さいごの「じゃーねー」がカワイイんだ~。
「RadioトークCD Vol.1~Vol.3」全巻購入者応募特典。
アンジェリーク Radioトーク3
愛の交換日記
日記で一服!
堀内賢雄さん・関俊彦さん司会の塩沢さんゲスト。出演はトラック4の9:11~と第23回。前者は視力と眼鏡と免許更新、後者は酒と酩酊について。
CDになったのはラジオ放送された一部のみのようで、全体は「Radio メモリアル キス・キスParadise Vol.2」に掲載されています。
OVA
タイトル役名感想ほか
アンジェリーク 白い翼のメモワール 上巻 クラヴィス →映像系リストへ
アンジェリーク 白い翼のメモワール 下巻 クラヴィス
ご本人
→映像系リストへ
イベント映像
タイトル役名感想ほか
PC-FXアニメフェスティバル ご本人 →映像系リストへ