1. HOME
  2. 他声優さん
  3. 鈴置洋孝さん掲載情報まとめ

鈴置洋孝さん掲載情報まとめ

目次

書籍(発行年順)

発行年月書籍名出版社内容
1980年1月 ロマンアルバム29 無敵鋼人ダイターン3 徳間書店 ≪p.82≫ コメント
1980年7月 ロマンアルバム・エクストラ35
機動戦士ガンダム
徳間書店 ≪p.185≫ コメント
1981年7月 アニメ声優24時 徳間書店 ≪pp.165-170≫ インタビュー
1982年3月 戦国魔神ゴーショーグン 特集号
(ジ・アニメ増刊)
近代映画社 ≪p.119≫ コメント
1984年3月 別冊アニメディア 機甲創世記モスピーダ 学習研究社 ≪p.123≫ コメント
1986年3月 別冊アニメディア 機動戦士Ζガンダム 学習研究社 ≪p.118≫ コメント(機動戦士Ζガンダム)
1991年1月 B-CLUB SPECIAL 冥王計画ゼオライマー バンダイ ≪p.135≫ 関俊彦さんのインタビューにて
≪p.139≫ 荘真由美さんのインタビューにて
1996年5月 秘密の友達 2(著者:山藍紫姫子) 同人誌 ≪pp.6-9≫ インタビュー(長恨歌)
1998年2月 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
総天然色 剣心草紙 巻之弐
集英社 ≪p.34≫ コメント
1999年10月 二番手英雄伝 No.2キャラクター伝説 双葉社 ≪pp.182-185≫ インタビュー
2000年12月 山寺宏一のだから声優やめられない! 主婦の友社 ≪pp.204-213≫ 対談
2009年7月 ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生 角川書店 ≪pp.124-130≫ 古谷徹さんの自伝にて

雑誌(雑誌名 50音順)

雑誌名号数内容
月刊OUT
(みのり書房)
42(1979年9月) ≪pp.37-42≫ 単独インタビュー
123(1984年3月) ≪pp.61-68≫ 座談会(スラップスティック)
157(1985年11月) ≪p.98≫ 難波圭一さんのインタビューにて
アニメージュ
(徳間書店)
第4巻第5号(1981年5月) ≪付録≫ ブロマイド、10の質問、自画像、手相
第5巻第7号(1982年7月) ≪付録:p.53≫ コメント(戦国魔神ゴーショーグン)
アニメディア
(学習研究社)
83(1988年1月) ≪p.86≫ 単独インタビュー
TECH Win
(アスキー)
1996年4月 ≪付録CD-ROM≫ 音声ファイル(36種+メッセージ)収録
≪p.10≫ 目次ページ(写真のみ)
ボイスニュータイプ
(角川書店)
No.9(2005年5月) ≪pp.146-149≫ 座談会(松浦典良音響監督追悼特集)
マイアニメ
(秋田書店)
第2巻第6号(1982年6月) ≪p.23≫ コメント(六神合体ゴッドマーズ)
第2巻第9号(1982年9月) ≪p.59≫ 伊達渉さんのインタビューにて

内容詳細

書籍

ロマンアルバム29 無敵鋼人ダイターン3(1980年1月/徳間書店)

≪p.82≫ キャストコメント。約570字。お写真あり。

「今でも印象深いのは、万丈の登場した第1話と、最終回、そして「スターの中のスター」、「あの旗を撃て」などです」
「「破嵐万丈は俺だ!」当時も今もそう思います。いいキャラクターにめぐり逢いました」

ロマンアルバム・エクストラ35 機動戦士ガンダム(1980年7月/徳間書店)

≪p.185≫ キャストコメント。約300字。

「ブライトのことで、今、ふっと思い出すのは、最終回でもどってきたアムロをむかえたときの笑顔がね、すごく印象に残っていますね」

アニメ声優24時(1981年7月/徳間書店)

≪pp.165-170≫ 記事見出し「アニメでの人気を超えたニュータイプの新劇青年」。内容は「薔薇座から俳協への移籍について」「声の仕事のきっかけ」など。
最後にプロフィールが掲載されていて、基本的なことから「仕事以外で楽しい時間」「やってみたい役」など23項目(うち回答17項目)。写真数点あり。

――演劇以外で、夢中になったものあります?
「女。恋。もっとも狂うたって、ウチの奥さんぜんぶお見通しだからナァ」

戦国魔神ゴーショーグン 特集号(ジ・アニメ増刊)(1982年3月/近代映画社)

 

≪p.119≫ キャストコメント。約500字。お写真あり。

「アニメで、麻雀やってる正義の味方なんて、他にないんじゃないですか。いわゆる戦闘ばかりでなくて、そういった日常的な、変に緊張したりしないで、ずっこけたりするところが、今までのロボットアニメになくて、演じるほうとしても、楽しくやれました」

別冊アニメディア 機甲創世記モスピーダ(1984年3月/学研)

≪p.123≫ キャストコメント。約300字。お写真あり。

「もし僕自身がイエローだったとしたら…。おそらく、毎日が面白いんじゃないでしょうか。人生が2倍楽しいので、その分、よけいに苦しむかもしれませんね」

別冊アニメディア 機動戦士Ζガンダム(1986年3月/学習研究社)

≪p.118≫ キャストコメント。約410字。お写真あり。

「カタカナがいっぱい出てくるからねェ。大変でした。緊迫した状況が多いからね。その中でカタカナを言うっていうのは、大変なことなんですね。前からそうでしたけれども」

B-CLUB SPECIAL 冥王計画ゼオライマー(1991年1月/バンダイ)

≪p.135≫ 関俊彦さんインタビュー。ドラマCDの話題にて、本編と番外編のテイストの違いに皆さん困惑されたと言及される中で、「耐爬役の鈴置さんなんか、本編では一話で死んじゃったから、「アレ?何の役だっけ、オレ……?」みたいなのもありましたね」とのコメントが(笑)

≪p.139≫ 荘真由美さんインタビュー。「アフレコ現場で思い出に残ること」という質問の中で、鈴置さん演じる耐爬とのラブシーンの収録を前に緊張していたところ、関さんが「荘ちゃん、大丈夫だよ。鈴置さんがちゃんとリードしてくれるから」と励ましてくださった、というエピソードも(笑)

秘密の友達 2(著者:山藍紫姫子)(1996年5月/同人誌)※成人向

≪pp.6-9≫ 鈴置さん&塩沢さんを中心とした、長恨歌出演者インタビュー。「演じての感想」「作品の感想」についてなど。塩沢さんとのやりとりが大変楽しいインタビューになっています。
≪pp.10-12≫ 長恨歌原作者インタビュー。鈴置さんがキャスティングされた経緯や、アフレコの際のエピソードなど。

※発行年月は記載がなかったため、推測により1996年5月と表記させていただいております。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 総天然色 剣心草紙 巻之弐(1998年2月/集英社)

≪p.34≫ キャストコメント。約190字。大きめのお写真あり。

「結構いい奴じゃないかと思います。悪役でもないけど仲間にもならない。人間臭くて面白い奴。一番印象に残っているのはやはり、剣心との戦いです」

好奇心ブック50 二番手英雄伝 No.2キャラクター伝説(1999年10月/双葉社)

≪pp.182-185≫ 単独インタビュー「『フッ』と言わせたら日本一の声優 鈴置洋孝インタビュー」。「声優になるきっかけ」「ブライトを演じるにあたって」「キャプテン翼について」「ニヒルな二枚目役について」など。

「『Ζ』が始まる時富野さんから「7年と言うのは、鈴置さん自身も7年歳をとっているわけだから、あまり意識しないで今のままの鈴置さんで演じてください」と言われたんですよ。富野さんの描くブライトが変わってきたように、俺自身も変わっていった。だから『Ζ』『ΖΖ』から『逆襲のシャア』と演じていく上で、自分の中で役づくりに悩んだことはなかったんですよ。」 

山寺宏一のだから声優やめられない!(2000年12月/主婦の友社)

≪pp.204-213≫ 山寺宏一さんと声優さん方の対談集。内容は「鈴置さんとの出会い(キャプテン翼)」「業界に入るキッカケ」「薔薇座時代のお話」「ダイターン3で初めて主役を演じて」「『ガンダム』ブーム」「プロデュース公演について」など。

「あるとき曽我部和恭さんがゲスト主役で来たとき、ちらっと言われたんだよね。おまえが主役なんだから、おまえが俺たちを圧倒しなきゃって。(中略)声量じゃ負けないんだけど、おまえのセリフじゃ、ゲスト出演の悪者のほうが勝っちゃうって」

ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生(2009年7月/角川書店)

≪pp.68-69≫ 古谷さんと鈴置さんの初対面の場であった「一球さん」の旅行先でのエピソードについて。
≪pp.124-130≫ 見出し「“アニキ”と呼びたくなる鈴置洋孝さんの魅力的な生き方」。6ページ半にわたり、「ガンダムでの共演」「人生の楽しみ方」「スラップスティック」「訃報を受けて」など、鈴置さんとの思い出話が掲載されています。

「自分の声が若すぎて、どうしても大人の芝居が出来ずに悩んでいた時のことだ。表現の幅に限界を感じていた僕に、「おまえはもう出来るんだよ」という言葉をくれた。「出来ないと思っているのは自分だけだよ。だから、もうそれ以上悩むな」(中略)いかにも彼らしいこのアドバイスは、今でも大きな心の支えになっている」

雑誌

月刊アウト 42(1979年9月/みのり書房)

≪pp.37-42≫ アウト読者によるインタビュー。内容は「近況と今後の予定」「薔薇座に入ったきっかけ」「声の仕事のきっかけ」「ブライトと破嵐万丈」「趣味(スポーツ)について」「仲のいい声優さん」「お酒での失敗」「読者へのメッセージ」など。

――万丈の声を出してくれませんか?
鈴置「ダメ。ギャラが出ないとやれない(笑)」
――タダじゃありません。ちゃんと謝礼が出るんですけど(笑)後でお酒も出ます(笑)
鈴置「えっ、ホント。じゃやんなきゃだめか。(身構える)ダメだ。できないよ(笑)」

月刊アウト 123(1984年3月/みのり書房)

≪pp.61-68≫ 三ツ矢さんの脱退と鈴置さんの加入を特集した、新旧6名による「緊急報告 スラップスティック座談会」。内容は「三ツ矢さんとの出会い」「三ツ矢さんがスラップに与えた変化」「年齢の話」「スラップの思い出」「鈴置さんが選ばれた理由」「メンバーから鈴置さんへのメッセージ」など。お写真も豊富です。

鈴置「ある朝、10時前に、突然、羽佐間道夫さんから電話がかかってきて、「ボクは明日からバリ島に行っちゃうんだけど、スラップへ入るかどうか今、返事がほしいんだ」って言うんです(笑)」

月刊アウト 157(1985年11月/みのり書房)

≪p.98≫ 難波圭一さんのインタビューの中で、難波さんが鈴置さんの御宅に居候されていた際のお話が出ます。

難波「鈴置さんの所に1年間、居候してたことがあるんですよ。鈴置さんのパンティ洗ったり(笑)」

アニメージュ 第4巻第5号(1981年5月/徳間書店)

【付録】Between Bromide Best Pin Up

35名の声優さんによる、ブロマイド集。裏面には自画像、10の質問、手相が掲載されています。
質問は「いじわる質問10」と題されていて、「オフロにはいったらまずどこからあらいますか?」「洗濯はダレがやりますか?」「ファースト・キスはいつどこで?」など、ちょっと変わった質問が並んでいます。

Q.「あなたがすきな男性(女性)のタイプを具体的に」
A.「ダスティン・ホフマン。」

アニメージュ 第5巻第7号(1982年7月/徳間書店)

【付録】戦国魔神ゴーショーグンNOTES

≪p.51≫ キャストコメント。約280字。お写真あり。

「ボクはキリーと真吾、両方のオーディションを受けたんです。(中略)破嵐万丈に近いキリーの方かなって思ってたんですよね。でもフタをあけてみるとそうでもないんだよね。かなり地でやれたし、楽しくできましたね」

アニメディア 83(1988年1月)

≪p.86≫ 単独インタビュー「人気声優にがぶりより!第7回 鈴置洋孝さん」。読者からの質問に答える形式のインタビューコーナー。質問は「破嵐万丈を演じた感想」「ブライトについて」「紫龍について」「『聖闘士星矢』の声優さんたちのチームワーク」など。

●紫龍という役で、いちばん注意している点は
ほかの4人と並んだ時に、やはり際立っていたいと思いますからね。だから、ほかの4人とは似てないキャラ作りをしたいと……。目立てばいいってもんでもないんですけど、一番カッコよくありたいと思っているんですよ

●来年は辰年ということで、紫龍からのメッセージを
辰年というくらいだから、ドラゴンズに優勝してほしい、ファンの一人として。そうそう、ドラゴン紫龍という役をもらった時も、この名前気に入ってね

TECH Win(1996年4月/アスキー)

≪付録CD-ROM≫ システム用音声ファイル(36種)と、40秒程度のメッセージあり。
≪p.10≫ 目次ページにも小さ目ですがアフレコ時のお写真あり。

※備考:同号に池田秀一さんの音声+メッセージもあり。

ボイスニュータイプ No.9(2005年5月/角川書店)

≪pp.146-149≫ 池田秀一さん、古谷徹さん、鵜飼るみ子さん、そして鈴置さんによる「笑顔よ天国に届け~ファーストガンダム音響監督 松浦典良氏追悼座談会~」。「松浦音響監督との出会い」「ガンダム劇場版の際のエピソード」「スタジオでの松浦さんらしいエピソード」など。

「「ダイターン3」で、毎回すごいゲストが来て、しごかれて……。「声の仕事をなめちゃいけない」というのを教えてくれたのが松浦さんだったと思う。声の仕事のおもしろいところと大変なところ、両方を教えてもらいました。声優の俺を作ったのは、松浦さんだったと思うね」

マイアニメ 第2巻第6号(1982年6月/秋田書店)

≪p.23≫ 「六神合体ゴッドマーズ」キャストコメント。鈴置さんは約170字。

マイアニメ 第2巻第9号(1982年9月/秋田書店)

≪p.59≫ 「六神合体ゴッドマーズ」録音監督・伊達渉さんインタビュー(pp.58-61)にて、クラッシャー隊他の声優さんたちについてコメントされています。