1. HOME
  2. 書籍・雑誌
  3. 書籍への掲載情報
  4. ムック本

ムック本

目次(発行年順)

発行年月書籍名出版社内容
1980年5月 「火の鳥2772」公開記念号(スクリーン臨時増刊) 近代映画社 ≪pp.42-43≫ インタビュー
1980年7月 ロマンアルバム35 機動戦士ガンダム 徳間書店 ≪p.188≫ コメント
1982年1月 宇宙戦士バルディオス 特集号(ジ・アニメ臨時増刊) 近代映画社 ≪pp.56-57≫ インタビュー
1982年1月 ロマンアルバム47 宇宙戦士バルディオス 徳間書店 ≪p.111≫ コメント
1982年3月 戦国魔神ゴーショーグン 特集号(ジ・アニメ増刊) 近代映画社 ≪pp.104-112≫ 座談会(小山茉美さんらと)
≪p.117≫ コメント
1983年2月 アニメ文庫22 J9-II 銀河烈風バクシンガー 朝日ソノラマ ≪p.131≫ コメント
1983年7月 ロマンアルバム57 戦闘メカ ザブングル 徳間書店 ≪p.136≫ コメント
1984年1月 ロマンアルバム59 銀河旋風ブライガー 徳間書店 ≪p.98≫ コメント
1985年6月 ロマンアルバム65 戦国魔神ゴーショーグン 時の異邦人 徳間書店 ≪pp.124-127≫ 対談(小山茉美さんと)
1985年8月 エリア88 グラフィティ 小学館 ≪p.140≫ コメント
1985年9月 超獣機神ダンクーガ BEST HIT SERIES 秋田書店 ≪p.104≫ コメント
1986年6月 超獣機神ダンクーガ 失われた者たちへの鎮魂歌 学習研究社 ≪p.114≫ コメント
1986年7月 ジ・アニメ特別編集 メガゾーン23 PART2 近代映画社 ≪p.111≫ インタビュー記事
1986年8月 戦え!!イクサー1 メディアミックス スペシャル 角川書店 ≪pp.87-90≫ 座談会(山本百合子さんらと)
1986年8月 蒼き流星SPTレイズナー ジ・アニメ特別編集 近代映画社 ≪p.125≫ コメント
1986年12月 蒼き流星SPTレイズナー 刻印2000 学習研究社 ≪pp.110-114≫ 座談会(井上和彦さんらと)
1987年5月 超獣機神ダンクーガ GOD BLESS DANCOUGA 学習研究社 ≪p.109≫ コメント
1987年9月 戦え!!イクサー1 ACTⅢ 完結編 SPECIAL MOOK(監修:平野俊弘) あまとりあ社 ≪p.91≫ コメント
1987年10月 少年サンデーグラフィックスペシャル[To-y] 小学館 ≪p.84≫ コメント
1987年11月 THIS IS ANIMATION ザ・セレクト14 風と木の詩 小学館 ≪pp.89-90≫ コメント

内容詳細

「火の鳥2772」公開記念号(スクリーン4月号臨時増刊)(1980年5月/近代映画社)

≪pp.42-43≫ キャラクター紹介&声優インタビュー。塩沢さんは丸2ページの扱いで、コメントは約550字。

「17歳になるまで他の人間と接触していなかったという彼の育ち方に一番印象を受けたんで、それから様々な経験をして大人になっていく、その変化を出したいと思ったんですが、どこまでやれたかとても心配です」

ロマンアルバム・エクストラ35 機動戦士ガンダム(1980年7月/徳間書店)

≪p.188≫ キャストコメント。塩沢さんは約340字。

「とまどってばかりもいられませんから、一応自分なりにマ・クベを規定しましたよ。まず、いい男じゃない。が、単純なワルではない。職業軍人的イヤラシサをもつ。多少の狂気を内に秘めている……といった具合にね」

宇宙戦士バルディオス 特集号(ジ・アニメ臨時増刊)(1982年1月/近代映画社)

≪p.56≫ アフレコレポート、集合写真など。
≪p.57≫ キャストコメント。塩沢さんは約450字。アフレコ時に撮影された顔写真あり。質問は「TV版に続いて劇場版に主演される感想について」「劇場版で初めて描かれる結末について」の2項目。

ロマンアルバム・デラックス47 宇宙戦士バルディオス(1982年1月/徳間書店)

≪p.111≫ キャストコメント。塩沢さんは約450字。顔写真&集合写真あり。

「僕は、マリンを弱い人間だと捕えていたんです。TVシリーズを通しても、かなりそんな部分を考えて演じたんですが、今回の映画では少し男っぽく、成長したマリンの姿っていうのを演じています」

戦国魔神ゴーショーグン 特集号(ジ・アニメ増刊)(1982年3月/近代映画社)

≪pp.104-112≫ (プロデューサー)相原義彰さん、(原作)首藤剛志さん、(演出)湯山邦彦さん、小山茉美さん、そして塩沢さんによる座談会。9ページ(4段組)にわたる、とても充実した内容です。

小山「スタジオで喋る時は、私の横に塩沢さんがいて、その横顔が見えるんです。チラッと見ると、もうコーコツといった感じで(一同笑)もう、おかしくって」
塩沢「だから、本人はいかにまじめにやっていたか、わかると思うんですが(笑)まじめに、ヘンな人をやっていたんです」

≪p.117≫ キャストコメント。約500字。お写真あり。

アニメ文庫22 J9-II 銀河烈風バクシンガー(1983年2月/朝日ソノラマ)

≪p.131≫ キャストコメント。塩沢さんは約220字。

「今回で暗さを全部出してしまえと言われていますので、自分の持っている暗さを一つ残らず出しました」

ロマンアルバム・デラックス57 戦闘メカ ザブングル(1983年7月/徳間書店)

≪p.136≫ キャストコメント。塩沢さんは約520字。コメント付サインあり。

「もちろん二枚目の役をやるっていうのは気持ちのいいもんですけれども、そこにいろいろな味を加えていって、それをあいつじゃなきゃできないっていうところまであげられれば、それが一番いいと思いますよ」

ロマンアルバム・デラックス59 銀河旋風ブライガー(1984年1月/徳間書店)

≪p.98≫ キャストコメント。塩沢さんは約340字。

「ほんとうはもっとカッコよさが先行しなけりゃいけなかったんですが、絵を見ているうちに、表情自体がかわいいとぼく自身感じたんですね。(中略)キッドにも過去があり、明るさを出すためにわざとかわいさをつかったのかもしれません」

ロマンアルバム・デラックス65 戦国魔神ゴーショーグン 時の異邦人(1985年6月/徳間書店)

≪p.65≫ 脚本・首藤剛志さんのインタビューの中で、塩沢さんと小山茉美さんのやり取りについて触れられています。
≪p.68≫ 湯山邦彦監督のインタビューの中で、塩沢さんについて触れられています。
≪pp.84-85≫ アテレコ見聞録。写真2点と、藤田淑子さんがブンドル(子供)を演じられた際のエピソードあり。
≪pp.124-127≫ 小山茉美さんとの対談。記事見出し「特別対談 小山“レミー”茉美VS塩沢“ブンドル”兼人」。質問は「作品について」「印象的なシーンについて」「ブンドルやレミーという役について」「スタッフについて」「最近の他の仕事について」など。写真2点。

少年ビッグコミック特別編集 エリア88グラフィティ(1985年8月/小学館)

≪p.97≫ 斯波重治音響監督インタビューにて、塩沢さんのキャスティングはひらめきで決まった、とのお話が出ます。
≪p.140≫ キャストコメント。塩沢さんは約100字。お写真あり。

「僕自身の性格が、あまり明るい方の性格じゃないので、逆境的悲劇状態にある真の暗さがあまり出ないように注意しました」

超獣機神ダンクーガ BEST HIT SERIES(1985年9月/秋田書店)

≪p.104≫ 「スタッフ・キャスト紳士淑女語録」コーナー(作品へのコメント集)。塩沢さんは約100字。

「4人の中では、大人っぽくて、少しつっぱっているようなので、自分の中のヤクザっぽい感じで役づくりをしています」

超獣機神ダンクーガ 失われた者たちへの鎮魂歌 完全収録版(1986年6月/学習研究社)

≪p.114≫ キャストコメント。塩沢さんは約350字。お写真あり。

「印象に残ったシーンというのが、シャピロに最後に言った「あんたの気持ち、わからんでもないが、所詮力では……」というところですかね。自分で言いつつ、すごく醒めてるんですよ、彼は。でも、そこを気取っている部分がなきにしもあらず、半分はクールなのかもしれませんね」

ジ・アニメ特別編集 メガゾーン23 PART2(1986年7月/近代映画社)

≪p.111≫ キャストインタビュー記事。コメント、お写真あり。プロフィールや主な出演作なども掲載されています。

「出来れば、あと、10年くらいして、僕がもう少し齢をとってからやりたかったです。その時には、なんとか納得できる演技ができると思うんですよね」

戦え!!イクサー1 メディアミックス スペシャル(1986年8月/角川書店)

≪pp.87-90≫ 平野俊弘監督、山本百合子さん、荘真由美さん、そして塩沢さんの4名による座談会。内容は「役の感想」「キャスティングについて」「ビデオアニメならではの難しさ」「パート2、3への抱負」など。お写真も豊富です。

「女性のような声色を作るのか、と考えたらこのままの声で、という本田(録音監督)さんの指示で。本当にその時点から全く判らないキャラになりましたね」

蒼き流星SPTレイズナー ジ・アニメ特別編集(1986年8月/近代映画社)

≪p.127≫ キャストコメント。塩沢さんは約240字。お写真あり。

「ル・カインというキャラは、信念は持っていても、実は何も知らされてないんですね。(中略)まあ、一途なんですね。苦労知らずの自己慢心タイプかな(笑)。そのへんは、多少考えてやったつもりです」

蒼き流星SPTレイズナー 刻印2000(1986年12月/学習研究社)

≪pp.110-114≫ 井上和彦さん、江森浩子さん、横尾まりさん、そして塩沢さんによる座談会。

塩沢「一番困ったのが、浦上さんに「もうちょっと、若くいきましょう」(笑)と言われまして、あの一言に困りましてね(後略)」
横尾「いくつの設定なんですか?」
塩沢「20かそこらじゃないんですか。本来は。ただ、あのガタイとあの顔を見た瞬間、あの声が出てしまっただけなんですよねぇ。(笑)だから、それを今度、若くと言われても、いや、困ったなぁという感じだったんですよね」

超獣機神ダンクーガ GOD BLESS DANCOUGA 完全収録版(1987年5月/学習研究社)

≪p.109≫ キャストコメントコーナー「このセリフで燃えつきました!声優が語る『入魂のセリフ』」。塩沢さんが選んだ台詞は「忍に伝えてくれ、いい勉強になった」の一言。コメントは約560字。

「自分と照らし合わせてみると、ああいう言いかたっておかしいですよね。意外と僕なんか酔っ払うとそんなこと言ってる部分もあるかも知れないけど(笑)」

戦え!!イクサー1 ACTⅢ 完結編 SPECIAL MOOK(監修:平野俊弘)(1987年9月/あまとりあ社)

≪p.91≫ キャストコメント。サー・バイオレット、ビッグ・ゴールド役の塩沢さんは約405字(二役を演じた感想)。お写真あり。島本須美さんのコメントにも塩沢さんのお名前が出ています。

「この作品では、ACT1からずっと、先の展開がわからないままにバイオレット、という役をやって、それが逆に、結果的には悪役であるという認識が全く無いままやることになったので、かえってよかったんじゃないかな」

少年サンデーグラフィックスペシャル[To-y](1987年10月/小学館)

≪p.84≫ キャストコメント。塩沢さんは約349字(役柄や演技について)。台本片手のお写真あり。

「16歳という年齢のわりには、(トーイは)絵はもちろん性格的にも完璧な人間になっちゃってるみたいで、どこで16歳なりの若さを出したらいいかが、すごく難しい。演じていても"これでいいや"ってふっきれないんです。なかなか慣らしてくれませんね」

THIS IS ANIMATION ザ・セレクト14 風と木の詩 SANCTUS-聖なるかな-(1987年11月/小学館)

≪pp.89-90≫ 出演者全員のコメント+写真掲載。塩沢さんは約270字。コメント見出しは「難しい世界です」。

※備考: OVA「風と木の詩 SANCTUS-聖なるかな-」シナリオ掲載あり(完全収録AR台本)